2011年10月の記事一覧

口臭の原因(歯の磨き残し)

どなたにでも起こり得る口臭の原因が、「歯の磨き残し」です。

朝、寝坊して時間がない時、疲れて歯を満足に磨かずに寝てしまった時など、必ず磨き残しが出てきます。
むしろ、普段の歯磨きの仕方次第では、毎回ある部分だけ磨き残しているという事も充分にあり得ます。
そうすると、その部分に口の中の細菌が付着してきます。
つまり、自分で口臭の原因を作っているようなものですね。

また、入れ歯や差し歯などをしている方は、きちんとお手入れをしないと歯垢がつきやすいので、それも口臭の原因になってしまいますね。

これらの口臭対策には、時間をかけて磨くこと、丁寧にお手入れをすることに尽きるでしょう。
きちんと歯を磨くことで、虫歯も防ぎ、のちのち虫歯による口臭も予防することが出来ます。
自分自身では、かなり丁寧に歯磨きしているつもりでも、歯磨きの後、そんなに時間がたっていないのに口の中に不快感を感じたり、口臭が気になるようであれば、磨き残しがある可能性が大きいでしょう。

もちろん、その前に生理的口臭の数々を見直してみたり、病的な口臭についても調べてみる必要があります。
他に原因が考えられない場合は、磨き残しを疑ってみるべきでしょう。
磨き残しなく、綺麗に歯磨きが出来ていれば、口臭対策にも、虫歯対策にもなります。
この機会に、磨き方を再チェックしてみましょう。

2011年10月23日|

カテゴリー:口臭の原因

口臭の原因(虫歯)

口臭の原因として、一番わかりやすいのは虫歯でしょう。

そして、虫歯の場合の口臭対策は、虫歯を治療するよりほかにありません。
虫歯と言っても、口臭に影響するほどの物は、かなり悪化した虫歯です。
小さな虫歯や、初期の虫歯だと、口臭を感じません。
ただ、小さな虫歯でも、目に見える小さな穴が歯の表面にある場合は要注意です。
その部分、食べ物のカスが入りこみ、食べ物の匂いや、そこに雑菌が繁殖することで更に匂いが発生し、口臭の原因になる場合もあります。

なので、そういう場合を考え、食後にしっかりと歯磨きしましょう。
虫歯をそれ以上に悪化させない為にも、良い習慣になります。
ただし、虫歯が悪化すると、歯の穴も複雑な形状になってしまいます。
そうすると、歯磨きだけでは、上手に汚れが取れなくなるのです。
虫歯に気が付いたら、出来るだけ早く歯科に通いましょう。
虫歯のせいで発生する口臭は、治療することによってすっかり治ってしまいます。
その点では安心しても良いでしょう。

2011年10月 1日|

カテゴリー:口臭の原因