口臭の原因(耳鼻科の病気)

口臭の原因(耳鼻科の病気)

すでに、口臭の原因に、かなりの病気を挙げてきました。
口臭の原因が、いかに多いのかお分かりになって頂けたと思います。
前回、呼吸器系の病気に関してお話しましたが、今回はそれに近い、耳鼻科の病気を挙げてみたいと思います。
耳の病気は、直接的に口臭にかかわっては来ませんが、鼻の病気、中でも口臭を強く感じさせてしまうのが、鼻炎です。
鼻と口は繋がっていることは皆さんご存知でしょう。
鼻炎になってしまうと、風邪でもないのにくしゃみや鼻水が出たり、鼻がつまってしまいます。
また、花粉症の方は鼻炎になりやすいといわれています。
そうして、鼻水が多く出てしまい、それらは喉や鼻腔内にたまっていきます。
すると、そこで炎症を起こし、細菌が繁殖して膿がたまってしまうのです。
当然、膿なので、強い口臭を出すのです。
また、鼻がつまるので、呼吸が苦しくなり、口呼吸にもなってしまいます。
例によって、口内が乾燥するため、口臭が発生します。
口臭対策としては、やはり鼻炎を改善することが一番でしょう。
治療し終わるまでの一時的な口臭対策は、鼻が通るようなミント系のガムやキャンディなどが良いでしょう。

2011年8月 5日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:口臭の原因

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kousyuu1.com/mtos/mt-tb.cgi/2

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)