口臭の原因(遺伝)

口臭の原因(遺伝)

口臭で悩んでいる方は、その原因が何なのか突き止めようとするでしょう。
原因を調べていく中で、どれにも当てはまらない時、「遺伝」を疑ってみて下さい。

口臭が遺伝すると聞いたことがありますか?
まさか、そんな事ないだろうと思われるかもしれませんが、実は、遺伝する場合もあるのです。

遺伝する「場合もある」という言い方をしたのは、口臭の中で一種類だけ、遺伝するものがあるからです。

その口臭の名前は「魚臭症」と言います。

文字を見ればお分かりでしょうが、魚が腐ったような匂いを発する口臭です。
これは、遺伝であり、また一種の病気であるとも言えます。
魚臭症が遺伝であり、病記でもあるというのは、
魚臭症の原因が、「トリメチルアミン酸化酵素」という酵素の働きを先天的に欠落しているからなのです。
つまり、これが遺伝してしまうわけですね。
実際、魚臭症になりますと、口臭だけでなく体の臭いまで魚の匂いになってしまいます。
この場合は、やはり一般的な口臭と同じように、歯磨きをしっかりすることを基本です。
また、ガムやキャンディ、ミントなどを食べ、市販のエチケット用品を使用するしかないでしょう。
魚臭症の治療法はまだありません。

口臭対策も一般的な方法を心がけるしか、ほかにないというのが実情です。

2011年11月 4日|

カテゴリー:口臭の原因